誰に教えてもらうのか

この記事は1分で読めます

「あなたを信じていいのかしら?」

初めて習い事をするとき、教えを請うとき
大人のあなたなら当然疑うはずです。

「あなたにこの金額を支払う価値はあるのかしら?」

そして、対価を支払ったからには是が非でも
倍以上は得をしようと思うはずです。

「その人が変わってきた経緯」

これがあれば確かです。

会うごとに変化している経過をみせて
くれる人は信用できます。

それは必ずしもいい成績を上げるとか、
上り調子一本とかそういうことではありません。

下るときも間違うときも
ありのままの変化を見せていくことが
誠実さだと考えています。

膨大な情報を吸収し信用に価する人から学び、
納得したものを伝えています。

自分が辿った長い道のりの結果の部分を
あなたが欲しい形でエキスとして渡しています。

あなたは誰から情報を得ていますか?

その人は変化していますか?
しているなら信じて大丈夫です。

身体メンテナンス講座のご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 05.16

    師事すること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

静岡県浜松市を拠点に、社会に自由な発想を生み出す風になり、心地よい空間を提供しながら想像力豊かに生きる人々の活力を与える活動をしています。