路上演劇祭Japan in浜松2022

この記事は1分で読めます

砂山銀座で出会った人たち

マイムアーティストの里見のぞみさんに誘われて、路上演劇祭Japan in浜松2022に参加しました。今回の舞台空間は砂山銀座です。

今回は加茂雄暉、中丸和真の音と共に参加しました。砂山銀座の人、場所、歴史と共演するつもりで踊りました。今までの砂山銀座を知らないので、お店の方や路上演劇祭に参加してきた人たちの話を聞いたインスピレーションからの感情を大切にしながらこれから先の道へ踊りました。

真剣に表現と向き合う人たちに出会えたことは、これから先のパフォーマンスにエネルギーを与えてくれそうです。

課題としては、負の感情表現やゆっくり動くことなど、相手が嫌かもしれないと心配する表現を躊躇なく出していくことですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 10.17

    Winter Gift

  2. 2019 10.21

    月降る夜に

  3. 2019 05.07

    鳴り響くもの

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

静岡県浜松市を拠点に、社会に自由な発想を生み出す風になり、心地よい空間を提供しながら想像力豊かに生きる人々の活力を与える活動をしています。