壬生のまち・天竜の森から

この記事は1分で読めます

はままつ・つながり・アートの
第5回自主企画公演。

天竜川の上流にある昭和にタイムスリップしたような
ぬくもりある町「二俣」。祖母の故郷です。

木の香りと光に溢れる
天竜壬生ホールは音響が素晴らしいことで
有名です。建物もおしゃれ!

教会のように空間が縦横無尽に広がっていて
踊りと音とが一体となって
お客様を包み込んで行きました。

250人もの人たちが集ってくださり、
あたたかなエネルギーを感じる
感謝の舞台となりました。

日時
2019年3月23日(土)14:30開場
15:00開演

場所
天竜壬生ホール
(天竜浜名湖線天竜二俣駅徒歩8分)

出演
杉浦麻友美(踊り)
鈴木涼子(踊り)
Yocchi(踊り)
本松三和(声楽・ソプラノ)
鈴木千緒(ピアノ)
岡田恵里(ヴァイオリン)
鈴木弘江(おはなし)
江川琴乃(パーカッション)

プログラム
I
「めぐる季節」
summer 久石譲 他

II
音の絵本コーナー
「ぜつぼうのだくてん」

III
「waを踊る」ムジカナラ 他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

静岡県浜松市を拠点に、社会に自由な発想を生み出す風になり、心地よい空間を提供しながら想像力豊かに生きる人々の活力を与える活動をしています。